空室対策をしないと家賃収入が入らないという事実

メンズ

ニーズを把握すること

室内

間取りや設備は賃貸物件の価値を決定づける条件です。空室が多い物件というのは、間取りや設備が整っていないことが多くあります。空室対策として、まずはニーズを把握し、それを参考にして、少しだけでもいいからどこかを変えてみてはいかがでしょうか。

View Detail

空室で悩んでいるなら

物件

賃貸経営で欠かせない要素

賃貸経営をするうえで、空室対策は是が非でも欠かせない要素です。賃貸経営で収益を上げるためには、家賃収入をしっかり確保するしか方法はありません。しかし入居者がいなければ家賃収入も発生しないため、いかに空室を作らないか、すなわち空室対策が成功のカギを握ることになるわけです。もし、空室に悩んでいるのだとしたら、まず自分の所有している物件の特徴を知る必要があると言えます。そしてそれを周辺の物件と比べてみることが大事です。敵を知り己を知れば百戦危うからずという言葉が示す通り、自分と周りを俯瞰的に見る目を備えることが、戦略の大前提となるということを覚えておきましょう。空室対策は、まずそこから始まるのです。

家賃相場を把握する

入居者が物件を探すとき、エリアや賃料を見て部屋を決めるものです。そのとき、ある物件と別の物件を見比べて、どちらが良いかという比較をして決められます。入居者はさまざまな条件を照らし合わせて部屋探しをしているわけです。このことはある一つの事実を示唆してくれます。つまり、もし空室が増えて困っているとしたら、それはその空室の部屋と周辺の家賃相場とが乖離してしまっている可能性があるということです。空室対策の第一歩としては、まず周辺の家賃相場を調べ上げて、自分の部屋の家賃がどの程度のものなのかを把握することです。そのためには、エリアの正確な家賃相場を知ることが大切です。自分でインターネット等を確認するだけでなく、実際に不動産会社などに問い合わせてみるなどして、しっかりと相場を確認しておきましょう。

入居率を高めるための対策

部屋

マンション経営はリスクが小さいので人気ですが、今後は少子化による空室対策が必要になります。2つの方法があって、1つはデザイナーズマンションのように部屋をリノベーションすることです。若者好みの部屋にすれば入居者が増えます。もう1つは賃料を下げることです。家賃が安ければ入居者が増えます。

View Detail

不動産経営の空室リスク

インテリア

不動産経営をするにはどうしても、空室対策が必要になります。まずは物件購入の前に賃借人のターゲット層を想定することが大事です。そしてそのターゲット層にとって住みやすい環境は何かを考えると、物件選びもスムーズに行えます。

View Detail

Copyright© 2016 空室対策をしないと家賃収入が入らないという事実 All Rights Reserved.