空室対策をしないと家賃収入が入らないという事実

スーツ姿の女性

ニーズを把握すること

室内

間取りや設備を考える

賃貸物件の価値を決めるものは何でしょうか。部屋探しをしている者にとって、何がその物件を選ぶ決め手となるのかを知ることは、経営を成功させるうえで不可欠な要素です。間取りや設備といった物件の条件は、賃貸物件の価値を決める大きな要素と言えます。間取りや設備が整っていないと、やはり入居者を集うことは難しく、空室も増えてしまいがちです。空室対策のためには、間取りや設備を整えるということが大切なのです。間取りや設備を整える上では、まずニーズを把握することが重要です。入居者が何を求めているのかを知ることができれば、それも大きな空室対策になるのです。たとえば、フローリングが主流となっている昨今において、畳の部屋はやはりニーズと乖離してしまうところがあります。このようにニーズを把握すれば、おのずと対策も見えてくるのです。

どう変えたらよいか

ニーズを把握したら、それを活かして現状を変えていく必要があります。空室対策として安価に済む変更もありますし、一方で大規模な改修が必要となるケースもあるでしょう。ただ、ちょっとしたことでも変えてみるということが、空室対策で大切なことです。簡単にできる空室対策としては、たとえばトイレを温水洗浄便座に変えてみるとか、お風呂に追い炊き機能を搭載してみるなどといったやり方です。採光に問題がある部屋なら、壁紙やフローリング素材を明るい色に張り替えてみるというのも一つの手です。単身世帯向けの物件なら、インターネット環境を整えてみるのも効果的な空室対策となります。そしてこうした空室対策は、すべてニーズを把握したうえで講じていくということが大切です。

Copyright© 2016 空室対策をしないと家賃収入が入らないという事実 All Rights Reserved.