空室対策をしないと家賃収入が入らないという事実

スーツ姿の女性

不動産経営の空室リスク

インテリア

空室となる特徴

不動産経営を行う際に考慮すべきは、空室対策です。賃貸需要に対して、相続税対策によりアパートを建設するなどのケースが増えています。その結果、賃貸需要を供給が大きく上回る状態が続いているのです。そのような中でいかに空室対策を行うかは大事なポイントとなります。そのためには、空室となる部屋の特徴を知ることが大切です。まず想定するターゲット層が明確になっていない点が挙げられます。学生をターゲットにしているのか、それとも単身者のサラリーマンかによって、求められる部屋の条件は異なります。オーナーとして気に入った物件であっても、借り手側から魅力あるものと映るかは別です。つまり、購入する予算に合わせて立地や部屋の広さを選ぶ際には、どんなターゲットが想定されるのかを明確にする必要があります。

工夫できるポイントとは

空室対策として工夫できることは色々とあります。まず何を選んで何を諦めるかを定めることが大事です。例えば駅から近くてお店も多く、日当たりの良い広い部屋を格安で手に入れたいと誰もが思うものです。もちろん、そのような都合の良い物件は非常に少ないものです。そこで、どの条件を諦めるかになります。例えば単身者であればほとんど、日当たりの良さはこだわらないものです。それよりも近くにコンビニなどのお店がある方が喜ばれます。あるいはファミリー層がターゲットになるならば、安く買い物ができるスーパーや子供を遊ばせる公園などが必要になります。そのように借り手が必要とする要素は何かを考えることで、空室対策を検討することが大事です。

Copyright© 2016 空室対策をしないと家賃収入が入らないという事実 All Rights Reserved.