空室対策をしないと家賃収入が入らないという事実

スーツ姿の女性

入居率を高めるための対策

部屋

入居者の立場で考えること

マンション経営は比較的リスクが小さく、将来にわたって安定した収入が得られるので人気です。ただし常に部屋が満室状態である限りにおいてです。よく耳にするのが、大学の移転によって学生の入居者が激減してしまったという話です。これなどは情報収集の不足と、入居者の立場を忘れてしまった結果です。これからのマンション経営で気をつけたいのは、入居者の立場に立つということです。空室対策で重要なのがこの点です。幅広く多くの人に入居してもらう従来の方式から、若者や単身者にターゲットを絞った空室対策が必要です。そのためには現状の部屋をリノベーションすることも大切です。若者や単身者に人気がある部屋を参考にしてリノベーションすれば入居率は高まります。

確実に入居者を増やす方法

デザイナーズマンションが若者に人気なのは、他とは違う個性があるからです。今の若者は一点豪華主義の生活を好む傾向があり、食事は貧しくても部屋がオリジナリティに溢れている方を好むのです。なぜかというと部屋というのは生き方そのものだからです。今ある部屋をリノベーションする時は、若者や単身者に人気のある部屋を参考にするべきです。費用がかかっても、長い目でみれば結果的に空室対策になります。競合物件に勝てるような魅力のある部屋を用意することが大事です。もう1つの空室対策は、募集賃料を下げることです。デザイナーズマンションとは正反対の対策ですが、賃料を下げることによって確実に入居者を増やすことができます。一番良くないのが高くもなく安くもなく、部屋もお決まりの間取りといったケースです。これを脱するためにはデザイナーズマンション方式にするか、賃料を下げるしかないのです。

Copyright© 2016 空室対策をしないと家賃収入が入らないという事実 All Rights Reserved.